リクエスト

TUBALLMATRIXMATRIX204MATRIX 204

リクエスト

OCSiAlのTUBALL™シリーズの中で最も幅広く使用可能なTUBALL™ MATRIX 204は、ポリエステル(無溶剤及び溶剤系)、ビニルエステル(無溶剤及び溶剤系)、溶剤系メラミン、溶剤系アクリル樹脂の機械的特性を保持し、ベース剤への影響を最小限にとどめながら導電性を付加するよう設計されており、次の用途で活用されています。

材料
ポリエステル(無溶剤及び溶剤系)、 ビニルエステル(無溶剤及び溶剤系)、溶剤系メラミン、 溶剤系アクリル樹脂含有配合
使用量
0.1~1.0 wt%
濃縮担体
トリエチレングリコールジメタクリレート、アンモニア塩(反応性希釈剤及び安定剤)
形状
ペースト

利点

永続性

湿度に依存しない帯電防止性能

粘性保持

ベース材の密度や粘度、あるいはレオロジー的特性への最低限の影響

着色性

配合により添加量が少量ですむため、ポリウレタン、ビニルエステル及びアクリル樹脂配合の黒ずみが抑制されることにより着色が可能

機械的特性

機械的特性を保持または改善

使いやすさ

事前に分散済みのため、標準的な製造機器の使用が可能

電気導電性

ホットスポットのない均一で永久的な導電性の付与が可能



実例

FRP強化<br>グレーティング用
事例を見る
FRP強化<br>グレーティング用
SMC複合材料用
事例を見る
SMC複合材料用
導電性プライマー用
事例を見る
導電性プライマー用

ビデオ

TUBALL MATRIX — Processing Guidelines


書類
他の言語:
english
TDS TUBALL MATRIX 204 ENG V03.PDF
PDF
512.00 kB
SDS TUBALL MATRIX 204 EU ENG V4-0.PDF
PDF
307.20 kB
SDS TUBALL MATRIX 204 EU ENG V4-1.PDF
PDF
307.20 kB
MATRIX 200X 300X PROCESSING GUIDE ENG V01.PDF
PDF
1.50 MB

ニュース

5 October, 2018
What do you know about nanotube applications in composite materials and the automotive industry? Want to get some insights on Fraunhofer IPA's ongoing projects? Join #naum2018, and check out Ivica Kolaric's speech! #Composites #Automotive #Nanotubes #NanoaugmentedReality
+1
13 April, 2018
Dr. Joong Tark Han, Professor, Principal Researcher at Korea Electrotechnology Research Institute, at the Conference on #Nanotubes in South Korea: Nanocarbon Materials for Soft #Electronics #OCSiAl #Nanotechnology #SWCNT #NanoaugmentedMaterials
22 November, 2017
#NanoSummit2017, Elmar Greiff from BÜFA #Composite Systems: “Another application is for composite tanks, with a lower addition of conductive additives with TUBALL that has better chemical resistance, lower viscosity, no reactivity drift, and low contamination compared to the black powder of carbon black.”