導電性着色熱硬化樹脂のための機械的特性維持可能な帯電防止剤


TUBALL™単層カーボンナノチューブは、最も効果的な導電性添加剤です。しかも、導電性フィラーでありながらも、他の主要特性を損なう事がないため、熱硬化複合材の製造業者やエンジニアに、まったく新しい機能を備えた複合材料・コーティングを製造する能力を与え、複合材に係る全ての企業に競争力を与えます。

帯電防止添加剤 従来品 vs TUBALL™

従来ESD 保護機能添加剤として熱硬化樹脂に添加されて来たカーボンブラック、カーボンファイバー、アンモニウム塩などとは異なり、TUBALL™単層カーボンナノチューブは、熱硬化性コンパウンドの本来の色を維持し、さらには機械的強度を維持または向上しながら、要求されるレベルの導電率を付与します。

RAL見本による色の変化

この単層カーボンナノチューブ技術は、自動車、建設、代替エネルギー、石油化学、ヘルスケア、製薬、電子、海上輸送を含む数多くの業界での使用に加えて、クリーンルームやスポーツ機器の分野でも利用されています。

OCSiAl が開発したTUBALL™ MATRIX マスターバッチシリーズは、特殊機器の購入や、配合システム変更を行わずに、標準製造設備に導入できます。TUBALL™ MATRIX マスターバッチは、ハンドレイアップ、フィラメントワインディング、引抜成形、SMC / BMC、スプレーアップなど、FRP 強化複合材料の製造によく使用される技術に対応します

TUBALL™ MATRIX なら技術的要求事項に対応

項目アンモニウム
コンパウンド
カーボンブラックTUBALL™ MATRIX
有効濃度(重量%)

0.2〜4.04〜120.1〜0.5
抵抗率(Ω/sq)1011〜1081011〜1051011104

機械的特性への影響

小さな負の影響大きな負の影響影響なし
レオロジーへの影響影響なし大きな負の影響許容範囲
色選択可能不可可能
スプレー塗布可能困難 可能
粉塵発生なし多大なし
湿気に依存しない抵抗率不可可能可能
抵抗率の経時的安定性不可可能可能

たった0.1%のTUBALL™ MATRIX を熱硬化性複合材に導入するメリットは、

  • 全耐用年数中継続する永久的で均一な電気導電性
  • 複合材の本来の色を維持
  • 素材の耐久性を維持または強化
  • 追加投資なしで得られる競争力の高い製品  

TUBALL™ MATRIX マスターバッチは、アクリルメラミンエポキシフェノールポリエステルポリウレタンビニルエステルなど、業界標準のあらゆる熱硬化性システムに対応します。

製品名 添加剤担体 添加先
無溶剤系 溶剤系 水系
省略形               詳細                            エポキシ ポリエステル ビニルエステル ポリウレタン フェノール エポキシ ポリエステル ビニルエステル ポリウレタン メラミン フェノール アクリル エポキシ ポリウレタン アクリル

マスターバッチ

TUBALL MATRIX 201 可塑剤 脂肪酸グリシジ
ルエステル
TUBALL MATRIX 202 可塑剤 脂肪カルボン酸
エステル誘導体
TUBALL MATRIX 203 可塑剤・
安定剤
脂肪酸グリシジ
ルエステル・ポ
リオレフィン系
誘導体のアンモ
ニウム塩
TUBALL MATRIX 204 可塑剤・
安定剤
脂肪カルボン酸
エステル誘導体+
ポリオレフィン
系誘導体のアン
モニウム塩
TUBALL MATRIX 205 可塑剤・
安定剤
脂肪カルボン酸
エステル誘導体+
ポリオレフィン
系誘導体のアン
モニウム塩
TUBALL MATRIX 207 可塑剤 アルキルグリシ
ジルエーテル
TUBALL MATRIX 208 可塑剤・
安定剤
アルキルグリシ
ジルエーテル・
ポリオレフィン
系誘導体のアン
モニウム塩
TUBALL MATRIX 209 beta 可塑剤 脂肪カルボン酸
エステル誘導体
TUBALL MATRIX 301 界面活性剤 アルコールエト
キシレート
TUBALL MATRIX 302 界面活性剤・
安定剤
アルキレングリ
コール誘導体・
ジスチリルビフ
ェニル誘導体
懸濁液
TUBALL COAT_E H2O (SDBS) * 水・陰イオン
界面活性剤
水・ドデシルベ
ンゼンスルホン
酸ナトリウム

* 0.2%と0.4%のTUBALL™濃縮液あり。


関連製品

201
Tuball
MATRIX 201
無溶剤系エポキシコーティング向けのグリシジルエーテル系可塑剤配合導電性添加剤

用途

樹脂および複合材料

材料

エポキシ

担体

脂肪酸グリシジルエステル(反応性希釈剤)

MATRIX 201
202
Tuball
MATRIX 202
無溶剤系ポリウレタンまたはフェノール向け非フタル酸塩系可塑剤配合導電性添加剤

用途

樹脂および複合材料

材料

フェノール, ポリウレタン

担体

脂肪族カルボン酸誘導体(可塑剤)

MATRIX 202
203
Tuball
MATRIX 203
溶剤系エポキシ・ポリウレタンコーティング向けのグリシジルエーテル系可塑剤配合導電性添加剤

用途

塗料およびコーティング, 樹脂および複合材料

材料

エポキシ, ポリウレタン

担体

脂肪酸グリシジルエステル、アンモニア塩(反応性希釈剤及び安定剤)

MATRIX 203

ビデオ

熱硬化性樹脂用TUBALL™:2019年の新開発領域とその結果(OCSiAl社、Vladimir Kravchenko)

単層カーボンナノチューブの複合材料への応用(Zhongshan A&E Machinery Industry Limited、Jim Lin)


TUBALL™ MATRIXサンプルのお申し込み、要求事項に関するご要望は、お気軽にお尋ねください。

お問合せ